彼女の心をメロメロにし、鷲掴みにして一生離れられなくしてしまうロマンティックな方法 40 選

あなたは彼女や、奥さんを大切にしていますか?

 

いて当たり前な存在になってしまい存外に扱ったり、感謝の気持ちを忘れたりしていませんか?

 

出会って何年もたつと出会った当時のドキドキ感が無くなってきてしまうものです。
たまには、感謝の気持ちを込めて何かサプライズなことをしてみてはいかがでしょうか?

 

女性はいつの時代もサプライズが好きなものです。
そんなサプライズにぴったしのロマティックな方法をまとめてみました!

 

それでは、どうぞ!

ロマンティックな方法

No.1

彼女が数日遠くに外出するときは、あなたが彼女の事を心配していると伝え、彼女のためにボディガードを準備したと言います。
そして、彼女に小さな何かを持たせます。
小さなぬいぐるみやキーホルダーがお勧めです。

 

No.2

暗闇で光る星を買って、ベッドの上の天井に貼ります。
部屋の明かりが消えると、「いつもありがとう」という文字が浮かぶようにします。
自分の言葉で表してみてください。

 

No.3

特別な日に、無数の本物のバラを買い、1つだけは造花のバラを買います。
造花のバラを真ん中においてブーケをつくります。
そして、次のようなメッセージカードを添えます。

 

「最後のバラが枯れるまであなたを愛します」

 

No.4

素敵な手鏡を箱にいれて贈ります。
そして、次のようなメッセージカードを添えます。

 

「箱の中には、世界で一番美しい女性の姿が映ります」

 

No.5

彼女が読んでいる途中の本を一冊選んで、まだ彼女が読んでない部分で、文字の横に線を引いて、ラブレターを作ります。
例えば、文字で 「いつもありがとう」となるように一文字ずつに横線を引いていきます。
横線に対して彼女は不思議に思い、横線が引かれてある文字を紙に書きうつすでしょう。
メッセージは、自分の言葉で表してみてください。

 

No.6

田舎にドライブに行き、一緒に草が生えた丘に寝そべって雲をみます。
子供の頃のように、雲の形は何に似ているかゲームをして遊びます。

 

No.7

彼女と公園の近くを歩いている時、ブランコがあれば、それにのせてあげます。
彼女の幼少時代の良い思い出がよみがえってくるでしょう。

 

No.8

彼女がとても疲れているときに、次のようなメモを書きます。

 

「すばらしいマッサージ師を知っています。予約は次の番号まで。(あなたの電話番号)」

 

No.9

彼女がとてもかわいがっているペットがいるのなら、クリスマスの日に、彼女とペットの両方のプレゼントを用意します。

 

No.10

ビーチに散歩に行きます。
砂の上にハートを書いたり一緒に遊びます。

 

自分の大切な人を感動させてみませんか?

 

No.11

彼女とのデートが終わり、バイバイしたあとにこんな感じにメールします。

 

「すでに寂しいです(笑)」

 

No.12

彼女の家族に、彼女が小さなころに欲しがっていたものは何かと聞きます。
それを彼女の誕生日に贈ります。
彼女はそのプレゼントを喜ぶでしょうし、あなたが家族に聞いてそれを送ったという事についてもとてもうれしく思うでしょう。

 

No.13

簡単な紙に、

 

「今日はあなたのことを思っていました。そして、あなたのことを思うと笑みがこぼれます。」

 

と書いて、彼女が簡単にみつけられる場所にさり気無く置いておきます。

 

No.14

バレンタインデーの日のために数珠のブレスレットを買います。
すべての数珠を取り除き、2月14日までに一日に一個ずつ数珠を探すようにいい、バレンタインの日にそのブレスレットを渡します。

 

No.15

あなたと彼女のためにミステリー旅行を計画します。
旅行会社によっては、どこに行くか知らせない旅行パッケージを扱っています。

 

No.16

花を用意し、車の日よけの裏につけます。
そして、「いつもありがとう」と紙に書きそれも、そこにはりつけます。
ロマンティックな場所をドライブしているときに、彼女を見て、ほほに何かついていると言います。
鏡を見るために彼女が日よけを降ろした時にそれらをみつけます。

 

No.17

彼女が小旅行に出かけるときに、スーツケースの端にプレゼントをいれておきます。

 

No.18

綺麗な木の箱に緑か赤の布を敷きます。
古い鍵をみつけ箱の中にいれます。
次に、カードに「私の心への鍵」と書いて箱の内側につけます。
そうすると彼女が箱を開けたときにそれをみつけます。

 

No.19

彼女と一緒に、一本の木を特別な場所に植えます。
毎年、記念日に木の横にすわりお酒を飲みながら、彼女への愛と木が育っていることを話します。

 

No.20

寒い日に曇った車の窓ガラスにこう書いておきます。

 

「いつもありがとう」

 

自分の大切な人を感動させてみませんか?

 

No.21

ある日に早起きをして、日の出を見に行きます。
難しいように思うかもしれませんが、一度は経験する価値があります。
新しい日の始まりを見ると、何か特別な気分になります。

 

No.22

オリジナルクーポンを作って渡します。
例えば、

 

「このクーポンで肩マッサージがうけられます。期限は2083年3月13日までです」

 

という感じです。
期限は、将来もずっと彼女と一緒にいたいという意味合いもこめて、長めに設定します。

 

No.23

暖かい夏の日に、裏庭でピクニックをします。
二人でシートに寝そべり星を眺めます。

 

No.24

雨がたくさん降っている日に、二人で散歩に出かけます。
傘もカッパもいりません。
びしょ濡れになって、水溜りの中をジャンプしたりします。
帰ると暖かいシャワーをあび、暖かい飲み物を一緒に飲みます。

 

No.25

彼女が、テーブルか机に座っているとき、後ろから近づき、背中、肩、そして頭のマッサージをしてあげます。

 

No.26

あなたと彼女、両方が興味のある本を買います。
1章ずつ毎日交代で声にだして読みます。
これはテレビを観る代わりにできます。

 

No.27

彼女がシャワーかお風呂に入っている間に、彼女のタオルをドライヤーで暖めておきます。
彼女が出て来るとそのタオルでくるんであげます。

 

No.28

自分の手の写真を携帯電話で取ります。
そして、それを添付して彼女にメールします。

 

「手を繋ぎたいですか?」

 

No.29

凧を買い、風が吹いている日に公園に行き、彼女と一緒に凧を飛ばします。
もし買えるなら、大きな凧で二つの紐でコントロールするものを買います。
とても楽しいです。

 

自分の大切な人を感動させてみませんか?

 

No.30

彼女とどこか特別な場所にいく時は、カメラを持っていきます。
彼女が家から出てくると、プロのカメラマンのようにフラッシュをたいて彼女の写真を撮ります。写真をとりながら、
彼女が有名な女優のように質問などをして、雑誌のスクープをとっているようなふりをします。

 

No.31

彼女が病気のときは、休暇を取って彼女の世話をします。
DVDを借りて、スープを彼女のために作り、布団でくるんであげます。彼女と一緒にいてあげます。

 

No.32

車のトランクにヘリウムガスで作った風船を入れておきます。
そして観光地に行きます。
理想の場所は、高い場所からきれいな景色を見渡せるところです。車からおりて散歩の準備をします。
彼女があなたより車に近い位置にいるようにし、鍵を投げてトランクから何かを取るよう頼みます。
彼女がトランクを開けると風船が飛び出します。

 

No.33

ある暑い夏の日に、二つの大きな水鉄砲を買ってビーチに行きます。ひとつを彼女に渡し水鉄砲で遊びます。

 

No.34

彼女とあなたの食べ物を共有します。
外で食事をするときに、「これを試してみて」といって彼女の口にいれてあげます。
食事を共有することはお互いがより近くなるすばらしい方法です。

 

No.35

彼女に感謝の手紙を送ります。
例えば、

 

「いつもご飯を作ってくれてありがとう。あなたがいてくれてとても助かっています。俺と出会ってくれてありがとう。」

 

No.36

子供がいるなら、週末に祖父母の家に預けます。
金曜の夜に、一緒に特別な週末を過ごせるように計画します。

 

No.37

彼女にマジックプレゼントボックスをあげます。
毎月、新しい小さなプレゼントをその箱に入れます。

 

No.38

あなたのパートナーにニックネームをつけます。
彼女が小さなときに家族から呼ばれていたニックネームや、二人の間で特別なニックネームでもいいです。

 

No.39

枕投げをします。
羽毛がはいった大きな枕をふたつ買います。
羽が出るように穴をあけ、あなたのパートナーめがけて枕をなげます。

 

No.40

週末にオープンカーを借ります。
彼女を迎えにいき、スカーフとサングラスを渡します。
そして、海沿いをドライブします。

 

自分の大切な人を感動させてみませんか?

 

 

以上です。どうでしたか?

 

こんなクサイことできるか!!!と思うかもしれませんがパートナーとの良好な関係を長く続けるために、男性は女性のニーズに答える必要があるのです。

 

その女性が求めるもので一番大切なのは女性としてパートナーに大切にされていると感じること。
ここを忘れてしまっている人が多いです。
たまに高価なプレゼントをすればいいんだろと思っていませんか?

 

もちろん女性はそういったプレゼントも好きですが女性にとっては気持ちが一番大事です。
今さら恥ずかしい気持ちも解りますがどれか一つだけでも自分流にアレンジして大切な人に行ってみてはどうでしょうか?

 

確実に大喜びしますよ!

おススメのリンク